目の下のくまやたるみに革命を~美のカリスマの神技術とは~

明るい目元になる方法

女性

目の下に居座るクマは疲れた印象を与えてしまったり、目元がどんよりと暗くなってしまいます。確実に治すにはクリニックで治療を受けるのが最適です。メスを使わない安全で手軽な照射系なら、ダウンタイムもほぼなく体への負担も軽いです。

目元の印象の改善

こちらの美容外科クリニックのランキングサイトをチェックして、上位にランクインしているクリニックで目の下のくまやたるみを治療しましょう。

医者

目元の印象が悪くなる原因は目の下のくまとたるみです。目の下のくまの大きな原因は加齢などにより目の周りの筋肉が衰えることです。そうなると、下まぶたの奥にある脂肪がせり出し、たるみとなって影ができます。これが「黒くま」といわれるものです。これは、年をとると誰でもなってしまうのでしょうが無いことですが、目の周りがむくんでいることにより黒くまが目立ってしまっている場合があります。目の周りのむくみというのは毎日少しのことをするだけで簡単にとることができます。まずは、目をぎゅっと閉じたり開いたりすることを各5秒間約5回ほどやります。これをすることによって、目の周りにある眼力筋という表情筋が鍛えられたるみを抑えることができます。

次に、目元のマッサージを行うことで目の下のくまを改善します。マッサージは専門のクリームなどを使って、滑りを良くしてから行うといいです。目の周りというのはとてもデリケートで、強く押しすぎたり、こすりすぎると眼球や皮膚にダメージを与えてしまいます。また、強くこすったことにより色素沈着を起こしてできる茶くまの場合、マッサージを行うことはやめましょう。目の下のくまやたるみを確実に除去する方法としては、美容外科での専門施術を受けるということが挙げられます。美容外科では最新の施術によって、これらの症状をしっかり改善することができるのです。レーザー治療はもちろん、ヒアルロン酸注射やボトックス注射などの簡単な方法もあります。どのようなくまかによって効果的な施術は変わってきますが、医師の判断によってより効果的な方法を行ってくれるので、安心して任せましょう。

切らないフェイスリフト

美容

たるみ治療のうちレーザーなどの美容機器を用いる方法は、ダウンタイムが短く効果が長続きするため、クリニックでも人気の治療法です。高周波や赤外線やレーザーなど、いろいろな機種があり、医師と相談の上で選ぶことが大切です。

顔のイメージを明るく

女性

目の下のくまは黒・青・茶色の3種類があります。黒くまは加齢によって出来る下まぶたのたるみが原因です。青くまは目の周りの血行不良によるものです。茶くまは肌のダメージによるしみやくすみです。それぞれに適した対処法でお手入れしましょう。